工科学部 デジタルエンタテインメント学科ゲームプロデュースコース

名古屋国際工科専門職大学では、ゲーム開発に活かせるプログラミングの技術を、基礎的な部分から論理的に学べます。さらに、近年注目を集めているVR・MR技術やゲームデザイン、チームでの開発手法、コンテンツ流通、知的財産などに関連する知識も修得します。進化・発展するデジタルエンタテインメント産業において、第一線で活躍する次世代の人材を育成します。

目指せる将来像目指せる将来像
  • ゲームエンジニア
  • ゲームプログラマー
  • ゲームディレクター
  • テクニカルアーティスト(TA)
  • テクニカルディレクター(TD)
  • コンテンツデザイナー
  • コンテンツBizDev(事業開発)
  • プロジェクトマネージャー…
    をはじめ、特定の分野に留まらない次世代産業を担う新しい人材を目指せます。

カリキュラム

カリキュラム

×
  1. 1

    年次

    エンタテインメントテクノロジーの基本を修得 ― 実践的イントロダクション ―

    名古屋国際工科専門職大学は、これまでの大学教育とは一線を画す実践的な“新大学カリキュラム”を実現しています。名古屋国際工科専門職大学のカリキュラムの特長は、1年次から実務につながる、実践に基づいた内容の授業を進めることです。「ゲーム・CG」分野の総論を学ぶ講義に加えて、最新のソフトウェアやモーションキャプチャーシステム等を実際に使い、アニメーションづくりや動画編集などに取り組みます。
    名古屋国際工科専門職大学は1年次から、少人数制の授業が行われます。進み具合を踏まえて指導をするので、初心者でもしっかりと理解を深めていくことができます。
    1年次が終わる頃には、デジタルコンテンツ開発・制作の基本的な知識と技能が身につきます。

  2. 2

    年次

    コース別の“ 特別カリキュラム”スタート ― 「デジタルコンテンツ制作力」を身につける ―

    2年次は、理論と実践をさらにバランスよく学んでいきます。具体的には、コースごとの特別カリキュラムで、高い専門知識を修得できます。また、高度な開発制作環境の中で、実際に業務を担えるレベルを目指した作品づくりを行います。
    さらに、本格的な実習授業「臨地実務実習」がスタート。2年次から4年次にわたり、600時間以上をかけて企業内実習を行います。
    臨地実務実習は、従来の大学で行われる短期型インターンシップとは異なります。2年次に約4週間、3年次と4年次に約6週間をかけて、実際に企業のプロジェクトに携わり、問題の解決・改善を図ります。

  3. 3

    年次

    専門知識・技能のレベルアップ ― 「クリエイト力」と「ビジネスセンス」を磨く ―

    3年次からは、コースごとの専門的な学びがより高度になります。ゲームプロデュースコースでは、ゲーム、デジタル映像、アプリなど、実際に製品として提供できるクオリティのデジタルコンテンツ開発を行います。
    デジタルエンタテインメントの世界は進化し続けています。そんな中、グローバルに活躍できる人材を目指して現場レベル・世界レベルで必要な制作技術を修得し、業界トレンドやマーケティング手法を理解していきます。また、業界のエキスパートとしての心構えや態度を養います。

  4. 4

    年次

    最新デジタル技術を応用して「未来のエンタテインメント」を生み出す人材へ

    4年次は、今後の実社会で活躍できる専門職となるための1年間です。2年次から行っている長期の実践的企業内実習「臨地実務実習」は、最終段階に進みます。企業の問題解決や改善のため、プロトタイプを作成して企業に提案を行います。4年次のカリキュラムを通して、最新デジタル技術の幅広い活用により、これまでにない未来型のコンテンツやサービスを生み出せる人材になります。同時に、時代を問わずデジタルエンタテインメント世界を率いていくことができる人材に成長します。

ピックアップ

コンテンツデザイン概論

ゲーム、映像、CG、アニメーションなど、デジタルエンタテインメントコンテンツの内容や社会的役割に対する理解を進めながら、制作に必要な知識やスキルを育てます。授業では、コンテンツの歴史的背景、先端技術の活用例などを幅広く学びます。これにより欧米に加え、近年のアジアでの市場の広がりを踏まえ、多種多様なユーザに対して、どのように感情を揺さぶるのかといったポイントと手法など、考察や研究法を身につけます。

ゲーム制作技術総合実習

授業で学んだ技術を応用して自らゲームプログラムを実制作し、制作したゲーム及び制作計画についてプレゼンテーションを行います。コンセプト立案から、企画書の作成、制作スケジュールの設定、制作環境の構築、進捗管理までプロジェクトマネジメントの力を養うとともに、ゲーム開発に必要な技術を身につけます。制作したゲームが地域の課題解決に貢献する可能性を検討し、修得した知識・技術を実社会に応用するための素養が身につきます。

ゲームプログラミングⅠ・Ⅱ・Ⅲ

基本となるWindowsプログラミング(C++)と、マイクロソフトのゲーム拡張インターフェースDirectXを用いた開発に必要な知識・技術を修得。プレイヤーにとっての面白さを追究したオリジナルのゲームを実装します。さらにハイレベルなゲーム表現のために、GPU(Graphic Processing Unit)の活用手法も身につけます。

項目トップへ戻る
教員からのメッセージ

教員からのメッセージ

×

デジタルコンテンツに「新しい価値」を創造できるプロフェッショナルに。

社会や時代のニーズ/ウォンツは、速いスピードで次々と変化します。クリエイターやプロデューサーにはそれらを的確に捉え応えていく能力が問われます。名古屋国際工科専門職大学では、デジタルコンテンツ制作の基礎から学び、具現化したアイディアを社会に応用するところまで体得できます。さらに、実際の現場を通してビジネスに触れることで、世の中の要求を敏感に察知できる力も身につきます。「新しい価値」を創造できるプロフェッショナルを育成します。

デジタルエンタテインメント学科 学科長
齋藤 幹雄 教授

Profile
株式会社コーエーテクモゲームス、コナミホールディングス株式会社などで作曲家、ゲームデザイナー、プロデューサーとして活躍。代表作に「ダンスダンスレボリューション」シリーズなど。ゲーム作品のトランスメディア展開も手がけるなど、業界に精通する。

最新ゲーム技術の「その先」を見据えたプロフェッショナルに。

面白いゲームをつくるには、アイディアを実現する技術やチームワークなど、様々なスキルが必要です。本コースでは、企業出身の実務家教員から数々の事例、時には失敗例の学びも得ることで、プログラムやコンテンツ流通などゲーム制作の各場面に関する総合的な能力を養い、あらゆる状況で的確に対応、指示できるプロフェッショナルを育成します。常に最新の技術を学んでいかなければなりませんが、それをいかに応用するかを考えることも大事です。自分のビジョンを持ちつつ、未来に向けて新しいことに積極的にチャレンジしていきましょう。

ゲームプロデュースコース
三浦 義広 講師

Profile
ゲームソフトメーカーでの各種ゲームのメインプログラマーやディレクター等を担当後、活動の幅を広げ様々なデジタルコンテンツのソフトウェアを制作。さらに、東海地方のゲーム産業発展のためにゲーム開発会社を設立し、若手人材育成にも力を入れる。
項目トップへ戻る
本学ならではの特色

本学ならではの特色

×

55年ぶりに国がつくる新しい大学制度

名古屋国際工科専門職大学は、「職業と直結した実践的な教育環境」を整えています。55年ぶりの教育改革によって誕生する「専門職大学」です。多様化する国際社会において必要とされる人材を育成します。

「AI・IoT・ロボット」「ゲーム・CG」の
専門職大学

世界のICT・デジタルコンテンツ業界と連携している名古屋国際工科専門職大学では、グローバルに活躍できる産業界のリーダーを育てます。高度な職業実践力と豊富な創造力が身につきます。また卒業時には学位として、国が認めた専門職の「学士」が取得できます。

国際的に活躍できる人材を育成

米国スクウェア・エニックス、エイチーム、チームラボ等と教育提携している名古屋国際工科専門職大学では、仕事の実践で役立つ「使える英語」を修得できます。AI・人工知能専用のハイスペックシステムなど、最先端のソフト・ハードに関わる国内トップ企業での実習をはじめ、ヨーロッパ、アメリカ、アジアでの海外実習も実施しています。
※国際情勢等により中止となる場合があります。

就職に責任を持つ保証制度

『完全就職保証制度』

『生涯バックアップシステム』

企業と連携した実践教育を行う自信の証明として、全学で就職支援システムを導入しています。

項目トップへ戻る

この学科に関連するオープンキャンパス

もっと見る
資料請求[無料] 説明会・イベント WEB出願 TOP