教育情報の公開

学校教育法施行規則等の一部を改正する省令(平成22年文部科学省令第15号)に基づき、名古屋国際工科専門職大学の教育研究活動等の情報を公表しています。

(2022年5月現在)

教育研究上の目的・理念


目的・理念

教育の理念

本学が標榜する“Designer in Society”は、社会の課題を発見し、デザイン思考に基づいて最適な解法によるソリューション構築にチャレンジする「専門職」です。

本学で学んだ「専門職」は、情報工学・デジタルエンタテインメント領域における特にソフトウェア技術応用のスペシャリストであり、創造的なソリューションを開発します。そして、社会的責任を自覚する高い倫理性を備え、卓越した実践力とビジネスセンスを持つプロフェッショナルであり、常に最高のクオリティーを目指して成長の努力を惜しみません。

このような「専門職」を養成するために、本学では次のような教育理念を制定しました。

1. 科学的知識に基づく論理的思考能力、および自由な発想を尊ぶ豊かな創造力の涵養
2. 現実社会を直視・理解した上での高度な実践力の養成
3. 専門職としての心構え・態度の育成


これらの理念を実現する本学の教育課程には、次のような特徴があります。
1. 科学的知識に基づく論理的思考能力、および自由な発想を尊ぶ豊かな創造力の涵養
• 基礎理論から応用までを一貫してカバーするカリキュラム構成

2. 現実社会を直視・理解した上での高度な実践力の養成
• エンジニアリングスキルとビジネスセンスの調和
• 現場・現物・現実の三現主義に基づく問題発見
• 課題や状況を俯瞰し、ソリューションを体系的に総合して実現する力

3. 専門職としての心構え・態度の育成
• 社会人としての基礎力の育成
• 社会人としての規律の遵守


名古屋国際工科専門職大学の目的 (学則 第1条)

名古屋国際工科専門職大学(以下「本学」という)は工科分野において、日本のモノづくりの中心である愛知県を拠点に、社会と文化を理解し、現代社会が現在を含めた未来に対して持つ顕在的のみならず潜在的課題解決にむけての期待に応え、かつ、社会の発展に寄与するための国際性を視野に入れた教育・研究・実践活動を行い、真のイノベーションの実現者となる専門職人材を養成する。



学部・学科の目的(学則 第4条2)

(1)工科学部

東海地域の強みであるモノづくり産業を理解し、ビジネス応用力、問題発見・解決力・プロトタイプ開発力、高い倫理観を兼ね備え、情報技術を駆使してモノづくり分野でグローバルに活躍できるイノベーション人材の教育・養成を目的とする。それを実現するため、産業界や地域社会との連携・共創を通じて、イノベーションを目指す技術者として備えるべき資質及び能力の涵養をはかる。

(2)情報工学科

人工知能・IoT・ロボットを中心とした情報工学における教育・研究・実践活動を通して、情報工学分野における基礎及び専門技術に関する知識と、それらを駆使したソリューションを提案し、プロトタイプ開発ができる実践力を身に付けさせる。それによって、地域やモノづくり分野に対してイノベーションを実現できる情報技術者を養成する。

(3)デジタルエンタテインメント学科

ゲーム・CGを中心としたデジタルコンテンツの制作に関する教育・研究・実践活動を通して、デジタルエンタテインメント分野における基礎及び専門技術に関する知識と実践力を身に付けさせる。それによって、デジタルエンタテインメント業界で活躍するクリエイター人材、及びデジタルエンタテインメントとモノづくり分野をつなぐイノベーション人材を養成する。

3つのポリシー

学則

教育研究上の基本組織

教員に関する情報

教員構成

学部等の名称
専任教員等
教授
准教授
講師
助教
助手
情報工学科
90
43
(うち女性1)
1
(うち女性1)
デジタルエンタテインメント学科
5
(うち女性1)
0
5
(うち女性1)
0
0

14
0
931


年齢構成

学 部 等 の 名 称
専任教員等
29歳以下
30~39歳
40~49歳
50~59歳
60~64歳
65~69歳
70歳以上
情報工学科
0
245
042
デジタルエンタテインメント学科
0
032
3
1
1

0277
353

※年齢は2022年5月1日時点。

入学者・学生に関する情報

入学者受け入れの方針

入学定員・収容定員

学 部 等 の 名 称
入学定員
収容定員
情報工学科
80名
320名
デジタルエンタテインメント学科
40名
160名



入学者数・在籍者数

学 部 等 の 名 称
入学者数
在籍者数
情報工学科
86名
177名
デジタルエンタテインメント学科
47名
90名


卒業者数等

※2025年3月、開学時の入学生卒業予定


授業科目、授業の方法及び内容並びに年間の授業の計画

教育課程編成・実施の方針

シラバス

遷移先の画面にてシラバス検索をクリックください。

科目一覧

実務経験のある教員等による授業科目

学修の成果に係る評価及び卒業認定の基準

校舎等の施設

授業料・入学料等

学生の修学、進路選択及び心身の健康等に関する支援

入学から就職までのキャリアプランを一括して支援。学生が安心して学習に集中するためのサポート体制を整えています。

  • 担任制、少人数クラスの授業運営
  • LMS(学修支援システム)やSNSの導入で、スムーズな学びを支援
  • 図書館(自習室としても開放します)
  • キャリアサポート・センターによるマンツーマンでの就職指導
  • 学費サポート(教育ローン、奨学金)など各種制度の利用相談

その他の情報

資料請求[無料] 説明会・イベント WEB出願 TOP