AIロボットプロジェクトやDX推進など、本学の新しい取り組みが紹介されました。

2021.09.19
タグを見る

デジタル技術によるDX(デジタルトランスフォーメーション)推進の重要性が高まる昨今、東海エリア初の工科系専門職大学として今年4月に開学した本学が注目を集めています。

従来の大学のような研究室単位でなく、大学全体として産業界や地域社会と連携したカリキュラムを設けるなど、今までにない実践教育を実施。

「未来の『Society5.0』時代を担う、専門性とビジネス思考を兼ね備えたデジタル人材」を育成する新大学として、本学のさまざまな取り組みが紹介されました。


モノづくり都市 名古屋ならではの実践的な学びで
未来を創造するプロフェッショナルを育成【変わる大学】

https://benesse.jp/juken/202109/20210919-1.html
(ベネッセ教育情報サイト)
【記事内容】

  • モノづくり都市 名古屋から世界へ。東海初の工科系専門職大学
  • 地域を舞台に「AI・IoT・ロボット」と「ゲーム・CG」の最先端を学ぶ
  • 担任制で学生をサポート。少人数スタイル授業と実習で、実践的に学修
  • 産官学連携によるAIロボットプロジェクトで、企業や社会の課題を解決
  • デジタル人材の育成を通じて、名古屋から新しいモノづくりを発信
資料請求[無料] 説明会・イベント WEB出願 TOP