International Professional University
of Technology in Osaka

教員紹介

Faculty member

Faculty member


メッセージ

外国語を学ぶことは大変なことです。外国語を話すことは、日本で生活するにしても、海外に出るにしても、現代社会では非常に重要なスキルです。日常生活や職場でのコミュニケーションに必要な実践英語力の向上を支援しますので、一緒に楽しく学びましょう。英語学習に必要なのは、英語を学びたいという動機及び努力ですが、皆さんのために、楽しく、かつ学びの多い授業雰囲気を作っていきたいと思います。可能性に満ちた皆さんの未来のために一緒に頑張りましょう。


専門分野

  • 英語教育
  • 教育工学

担当科目

  • 「英語コミュニケーションⅠa」(1年前期)
  • 「英語コミュニケーションⅠb」(1年後期)
  • 「英語コミュニケーションⅡa」(2年前期)
  • 「英語コミュニケーションⅡb」(2年後期)
  • 「英語コミュニケーションⅢa」(3年前期)
  • 「英語コミュニケーションⅢb」(3年後期)
  • 「英語コミュニケーションⅣ」(4年前期)

講義の様子


プロフィール

大阪大学 大学院情報科学研究科 情報システム工学専攻 博士後期課程 修了。博士(学術)。大阪大学サイバーメディアセンターで3年間特任助教。大阪大学Society5.0実現化研究拠点支援事業における教育工学の研究に従事。主な研究テーマはTechnology Enhanced Language Learning 、メタバースにおける語学教育のあり方。全国語学教育学会(JALT)、外国語教育メディア学会(LET)、International Association for Language Learning Technology(IALLT)、Australasian Society for Computers in Learning in Tertiary Education(ASCILITE)、Association for Learning Technology (ALT)、Computer-Assisted Language Instruction Consortium (CALICO)会員。


所属学会・協会・団体等

  • 全国語学教育学会(JALT)
  • 外国語教育メディア学会(LET)
  • International Association for Language Learning Technology (IALLT)
  • Australasian Society for Computers in Learning in Tertiary Education (ASCILITE)
  • Association for Learning Technology (ALT)
  • Computer-Assisted Language Instruction Consortium (CALICO)

代表的な論文・著作名・作品名

  • N. Cowie, M. Alizadeh, “The Affordances and Challenges of Virtual Reality for Language Teaching”, International Journal of TESOL Studies, 4, 3, 50-65 (2022).https://doi.org/10.46451/ijts.2022.03.05
  • M. Alizadeh, E. Hawkinson, “Case Study 10, Japan: Smartphone Virtual Reality for Tourism Education—A Case Study”, Language Learning with Technology: Perspectives from Asia, pp. 211-222, 2021.9, Springer, Singapore. https://doi.org/10.1007/978-981-16-2697-5_17
  • M. Alizadeh, T. Omae, S. Shirai, N. Takemura, “Evaluating a Collaborative Learning Card Game for Pre-Intermediate Language Learners in Face-to-Face and Online Settings”, Studies in e-Learning Language Education, 15, 25-35 (2021).https://doi.org/10.20623/well.15.0_25
  • M. Alizadeh, P. Mehran, I. Koguchi, H. Takemura, “Evaluating a Blended Course for Japanese Learners of English: Why Quality Matters”, International Journal of Educational Technology in Higher Education, 16, 6, 1-21 (2019).https://doi.org/10.1186/s41239-019-0137-2
  • M. Alizadeh, “Virtual Reality in the Language Classroom: Theory and Practice”, CALL-EJ Journal, 20, 3, 21-30 (2019).http://callej.org/journal/20-3/Alizadeh2019.pdf

など。