工科学部 デジタルエンタテインメント学科ゲームプロデュースコース

ゲーム開発のプログラミング技術を基礎から論理的に学ぶことができます。さらに近年注目のAI技術やゲームデザイン、チームでの開発手法、コンテンツ流通や知的財産等に関連する知識も身につけることで、進化・発展するデジタルエンタテインメント産業の最前線で活躍するクリエイターを育成します。

目指せる将来像 目指せる将来像
  • ゲームエンジニア
  • ゲームプログラマー
  • ゲームディレクター
  • テクニカルアーティスト(TA)
  • テクニカルディレクター(TD)
  • コンテンツデザイナー
  • コンテンツBizDev(事業開発)
  • プロジェクトマネージャー…
    をはじめ、分野を超えて次世代産業を担う新しい人材を目指せます。

カリキュラム

カリキュラム

×
  1. 1

    年次

    エンタテインメントテクノロジーの基本を修得 ― 実践的イントロダクション ―

    今までにない実践的な“新大学カリキュラム”を実現した本学では、1年次から実務につながる内容の授業を進めます。「ゲーム・CG」分野の総論を学ぶ講義だけでなく、実際に最新のソフトウェアやモーションキャプチャーシステム等を使ったアニメーションづくりや動画編集などを実施。
    少人数制のため教員が学生の進み具合を確認しながら指導するので、初心者でも安心して理解を深めていくことができます。
    1年間を通じて、デジタルコンテンツ開発・制作の基本的な知識と技能を修得していきます。

  2. 2

    年次

    コース別のカリキュラムがスタート ― 「デジタルコンテンツ制作力」を身につける ―

    理論と実践をさらにバランスよく学ぶために、コースに分かれて高い専門知識の修得と、高度な開発制作環境の中で実務レベルを目指した作品づくりを行います。
    また、本格的な実習授業がスタート。2年次から4年次にかけて600時間を超える企業内実習を行う「臨地実務実習」も始まります。
    一般的に大学で行われる短期型インターンシップではなく、2年次に約4週間、3年次に約6週間、4年次に約6週間、実際に企業のプロジェクトとして問題の解決・改善を図っていきます。

  3. 3

    年次

    専門知識・技能のレベルアップ ― 「創造力」と「ビジネスセンス」を磨く ―

    各コースの学びはより高度となり、ゲーム、デジタル映像、アプリなど、製品化し得るクオリティのデジタルコンテンツ開発も行います。進化し続けるデジタルエンタテインメントの世界にあって、グローバルに活躍できる人材となるため、実際の開発現場や世界レベルで必要な制作技術の修得、業界トレンドやマーケティング手法の理解、また、業界のエキスパートとしての心構えや態度も養っていきます。

  4. 4

    年次

    最新デジタル技術を応用して「未来のエンタテインメント」を生み出す人材へ

    これからの社会で活躍できる専門職となるための仕上げの1年間です。
    2年次からスタートした長期の実践的企業内実習「臨地実務実習」も最終段階として、企業の問題解決や改善のためのプロトタイプを作成して、企業に提案を行います。
    最新デジタル技術を幅広く活用してこれまでにない未来型のコンテンツやサービスを生み出し、どんな時代になってもデジタルエンタテインメント世界を牽引できる人材に成長していきます。

ピックアップ

コンテンツデザイン概論

ゲーム、映像、CG、アニメーションなどのデジタルエンタテインメントコンテンツの内容や社会的役割を理解し、制作に必要な知識やスキルを養います。コンテンツの歴史的背景、先端技術の活用例などを幅広く学び、欧米に加え昨今のアジアでの市場の広がりを踏まえ、多種多様なユーザに対して、感情を揺さぶるポイントと手法にどのようなものがあるのかなど、考察や研究の手法を身につけます。

ゲームコンテンツ制作Ⅰ・Ⅱ

授業で学んだ技術を応用して、自ら企画・立案したオリジナルゲームを実装し、スケジューリング、企業の現場でも主流となっているゲームエンジンの活用方法など、ゲーム開発に必要な一連のスキルを身につけます。成果物は連携企業より評価を受け、クライアントやユーザーの期待や課題を把握し、ニーズに沿ったコンテンツ制作ができる力を養います。

ゲームデザイン実践演習

オリジナリティのあるゲームを企画・提案できる力を身につけるため、「面白い」ゲームデザインを設計する考え方や、人に伝わる企画書や仕様書、指示書のつくり方、スライドのビジュアルや話し方を含めた効果的なプレゼンテーションの方法などを学びます。将来、プロデューサーとして世の中を動かすヒットゲームを生み出すために、必要な知識やスキルを養います。

項目トップへ戻る
教員からのメッセージ

教員からのメッセージ

×

「企画力」と「テクノロジー」と「デザイン」で、新しいエンタテインメントを創出!

コンピュータゲームが生まれてまだ50年足らずですが、現在に至るまでにものすごい進化を遂げてきました。今後は5Gをはじめ、通信システムもさらに進化をするでしょう。テクノロジーとデザインを駆使して、これまでにないインタラクティブなエンタテインメントコンテンツを経験豊富な教員たちと一緒に創り出しましょう。

山口 尚 教授

Profile
EAやアドイスなどの外資系ゲーム企業で、ディレクター、プロデューサー、株式会社ドワンゴでオンラインゲーム開発部長を務め、宝塚大学教授として教鞭を執る。株式会社シェイクハンズ代表取締役。

オープンな環境で今までにないエンタテインメントを追究。

エンタテインメントには「正解」がありません。また、複合技術なので幅広い分野の知識・技能を身につけている必要があります。本コースでは、濃密なカリキュラムを通してプログラミング技術やチーム制作など、実社会に応用できる知識・技術を身につけることができます。加えて、本学にはゲーム業界をはじめ多種多様な業種、研究で活躍してきたその道のベテランである指導陣がそろっています。より良いエンタテインメントを追究するために、教員たちと気軽にコミュニケーションが取れるオープンな環境で、様々なことを吸収してください。

ゲームプロデュースコース
鮫島 朋龍 准教授

Profile
ゲーム音楽作曲家、プログラマー、チーフエンジニアとして活躍。主な作品に、世界中にファンを持つ2D探索アクションゲーム「LA-MULANA」シリーズがある。国内外のゲームカンファレンスや講演にも力を入れている。
項目トップへ戻る
本学ならではの特色

本学ならではの特色

×

55年ぶりに国がつくる新しい大学制度

55年ぶりの教育改革によって誕生する「専門職大学」は、多様化する国際社会において活躍できる人材を育成するため、従来の大学制度にはない「職業と直結した実践的な教育環境」が義務づけられています。

「AI・IoT・ロボット」「ゲーム・CG」の
専門職大学

大阪国際工科専門職大学は、世界のICT・デジタルコンテンツ業界と連携し、国際的に活躍できる産業界のリーダーを育てる専門職大学です。高度な職業実践力と創造力が身につき、卒業時には学位として国が認めた専門職の「学士」が取得できます。

国際的に活躍できる人材を育成

米国スクウェア・エニックス、カプコン、チームラボ等との教育提携やAI・人工知能専用のハイスペックシステムなど最先端のソフト・ハード国内トップ企業をはじめ、ヨーロッパ、アメリカ、アジアでの海外実習も実施し、「使える英語」が身につきます。

就職に責任を持つ保証制度

『完全就職保証制度』

『生涯バックアップシステム』

企業と連携した実践教育を行う自信の証明として、全学で就職支援システムを導入しています。

項目トップへ戻る

この学科に関連するオープンキャンパス

もっと見る
資料請求[無料] 説明会・イベント
問合せ・アクセス TOP