工科学部 情報工学科IoTシステムコース

スマホが普及したことで、身の回りにあるデータがインターネットを経由して送受信されるようになりました。これにより様々なデータを蓄積・利活用することで、新しいサービスをつくり出すIoTが注目を集めています。大阪国際工科専門職大学では、あらゆるモノが世の中に普及するために必要なマーケティングやユーザ評価などからデバイス制御、データ構築の理論を修得するための授業を展開。新しいIoTサービスをデザインでき、社会から求められる人材を育成します。

目指せる将来像目指せる将来像
  • IoTエンジニア(システム開発、ソリューション開発、ネットワーク等)
  • コンピュータプログラマー
  • 企業(情報・通信、電機メーカー、鉄道・航空、総合商社等)
  • 官公庁 …
    をはじめ、専門以外の分野においても、次世代産業を担うことができる新しい人材を目指せます。

カリキュラム

カリキュラム

×
  1. 1

    年次

    体験的な学びからスタートし、ICTの基本をマスター ― 実践的イントロダクション ―

    大阪国際工科専門職大学では、理論より先に実践を学びます。今までの大学教育では、理論を先に学ぶカリキュラムが組まれていました。大阪国際工科専門職大学は、「実践を重視」する専門職大学。1年次前期から、体験的な学びを始めます。具体的には、実際の製品やシステムを調査分析して、ものづくりやサービス開発の技術にふれていきます。テクノロジーについて、最初に学ぶ面白さを体験することで、その後の理論や専門知識の理解が進みます。大阪国際工科専門職大学は、1人ひとりの理解度が深まるよう、授業を少人数制で実施していることも特長です。初心者でも安心して学修できる、丁寧な指導をしています。情報工学の全体像を理解する年次であり、「AI・IoT・ロボット」分野における理論の基本と方法論を修得する年次です。

  2. 2

    年次

    コース別のカリキュラムがスタート ― 「エンジニアリングスキル」を身につける ―

    専門的な知識・技能を養う年次です。またこの年次より、カリキュラムがコースごとに分かれます。大阪国際工科専門職大学は、現実的な課題に取り組む「課題解決型学習」(PBL=Project Based Learning)を重視しています。自ら問題を発見し、解決する能力を身につけるため、実社会でこれまでの学びを活かす授業も開始。たとえば、産業界や地域と連携する「地域共創デザイン実習」を受けることができます。地域共創デザイン実習では、企業や官公庁、公共団体などが向き合っている課題を解決するため、学科混在のチームで1年間をかけてプロジェクトに取り組みます。

  3. 3

    年次

    専門知識・技能のレベルアップ ― 「テクノロジー実践力」と「ビジネスセンス」を磨く ―

    実務に携われるレベルの高度な理論や技術をマスターする年次です。2年次から始まった「臨地実務実習」(実践的企業内実習)は第2段階に進みます。3年次の臨地実務実習では、6週間にわたって企業内でタスクを実行し、課題を解決するためのシステム開発やサービス向上などを図ります。学内での授業も、実務に直結する学修が多くなり、いっそう充実します。学内では、人工知能の応用技術、IoTを活用したデータ分析、産業用ロボット実習などを行います。これらの授業を指導するのは、日本を代表する研究者や、国を越えて活躍した業績を持つ実務家教員たち。グローバルに通用する実践力を養えます。

  4. 4

    年次

    デジタル社会で活躍する「応用力」「総合力」を備えた人材へ

    「卒業研究制作」が中心になる年次です。4年間の学びの集大成となる年次でもあります。AI、IoT、ロボットは、今後の社会でとりわけニーズの高い分野です。ICTが飛躍的に進化する中で、これらの成長分野の新しい技術を活用できる人材や、データマネジメントを的確に行える人材は、あらゆる産業界で活躍できます。大阪国際工科専門職大学は、理論と実践、学問と実務の双方をバランスよく身につけられる専門職大学。多様化・複雑化する社会において、課題を解決し、変革をもたらす「新しい人材」に成長していきます。

ピックアップ

デザインエンジニアリング概論

デザインエンジニアリングの概念と、その方法論を学びます。いずれも“Designer in Society” の核となる知識です。授業内では、実際の製品の分解作業を行い、その機能や内部構造を、ハードウェアとソフトウェア両面から調査します。これにより、製品に求められる要素を分析することが目的です。

デザインの対象としては製品だけでなく、サービスも含みます。製品やサービスの背後には、代表的な技術と設計のプロセスが存在しています。この技術とプロセスを理解することで、実際の制作に活かすデザインエンジニアリングの方法論を修得します。

スマートデバイスプログラミング

IoTのビジネス・技術動向やシステムの特徴、スマートデバイスの要件を理解し、AndroidアプリケーションでIoTシステムを設計し、実装できる技術を身につけます。

演習では実際の業務を想定した実装演習を行い、スマートデバイスから情報を参照したり周辺デバイスを制御するプログラムを作成し業務を自動化することにより効率化を促し、生産性向上の実現方法を修得。

IoTシステム開発に必要なプログラミング技法から、通信方式、データ活用、セキュリティまで幅広く学び、社会に必要なスマートデバイスのアプリケーションを実装できる力を養います。

項目トップへ戻る
教員からのメッセージ

教員からのメッセージ

×

ICTを駆使して、より良い社会づくりに貢献できる人材へ。

これからの社会、次世代移動通信システムのBeyond5Gや6Gにより、すべてのモノがIoTでインターネットにつながり、クラウド空間に蓄積されたセンサデータのAI解析によりモノの動きが最適化される時代になっていくことでしょう。本学では実務経験豊富な教授陣のもと、そうしたICT(情報通信技術)の進歩を、より良い社会づくりに応用するための専門知識やスキル、未来をデザインする力を磨いていきます。皆さんが将来活躍できる分野は、社会のさまざまなフィールドに広がっています。

情報工学科 学部長
味戸 克裕 教授

Profile
NTTの物性科学基礎研究所にて光ピンセット技術を使った脳神経伝達物質の研究に従事。総務省のプロジェクトにも参画し、超高速ワイヤレス技術の国際標準規格化などに従事。東京大学 大学院工学系研究科 応用化学専攻 博士課程修了。博士(工学)。

これからの時代でサバイブできるIoT技術を身につける。

SDGs(持続可能な開発目標)、Society5.0、IoT社会の到来など、未来社会に対応していくために「実践的で確かな能力」が必要とされています。本コースでは、日々の授業・豊富な実習を通して、これからの時代に必要なIoT 技術についての知識・技術を身につけます。それこそが、今後社会がどのように変化しても活躍を続けられる力となります。多様な指導陣が実務的な経験と学術的な知識を持って、皆さんの夢の実現をバックアップします。

IoTシステムコース
安田 新 准教授

Profile
DOWAエレクトロニクス株式会社 半導体材料研究所主任研究員を経て、独立行政法人国立専門学校機構 鶴岡工業高等専門学校教授、タイ国キングモンクット工科大学工学部 客員研究員、国立高等専門学校機構本部事務局 国際参事などを歴任。
項目トップへ戻る
本学ならではの特色

本学ならではの特色

×

55年ぶりに国がつくる新しい大学制度

「専門職大学」は、55年ぶりの教育改革によって誕生しました。従来の大学制度にはない「職業と直結した実践的な教育環境」が義務づけられてる大学です。大阪国際工科専門職大学でも、職業と直結した実践的な教育環境を提供。多様化する国際社会において活躍できる人材を育成します。

「AI・IoT・ロボット」「ゲーム・CG」の
専門職大学

大阪国際工科専門職大学は、世界のICT・デジタルコンテンツ業界と連携することで、国際的に活躍できる産業界のリーダーを育てています。大阪国際工科専門職大学で学ぶことで、ハイレベルな職業実践力と創造力が身につきます。さらに、卒業時には学位として国が認めた専門職の「学士」が取得できます。

国際的に活躍できる人材を育成

大阪国際工科専門職大学では、「使える英語」を身につけるため、米国スクウェア・エニックス、カプコン、チームラボなどと教育提携をしています。AI・人工知能専用のハイスペックシステムなど最先端のソフト・ハード国内トップ企業での実習に加えて、ヨーロッパ、アメリカ、アジアでの海外実習も実施。将来的に、グローバルな活躍を見込める人材を育成します。
※国際情勢等により中止となる場合があります。

就職に責任を持つ保証制度

『完全就職保証制度』

『生涯バックアップシステム』

企業と連携した実践教育を行う自信の証明として、全学で就職支援システムを導入しています。

項目トップへ戻る

この学科に関連するオープンキャンパス

もっと見る
資料請求[無料] 説明会・イベント WEB出願 TOP