入試区分・選考方法

入試区分

アドミッション・ポリシーに基づき、すべての入試区分で入学志望者の熱意や意欲、これまでの経験や実績を評価します。

編転入学試験〈専願〉について

既に大学・短期大学・高等専門学校・専修学校・高等学校の情報技術専攻などで学び、本学の学部の専門知識をある程度有していると認められた人が、入学希望学科の2年次以上へ入学できる制度です。詳細はアドミッションセンターに問合せください。

選考内容

  1. 書類審査:出願資格の確認および調査書や志望理由書、自己PR資料等の評価を行います。
  2. 面接(個別、集団面接):総合型選抜では個別面接(15分)、学校推薦型選抜では個別面接(20分)、一般選抜では集団面接・グループディスカッション(30分)を行います。
  3. 適性診断Ⅰ(マークシート式 筆記試験):高等学校卒業程度の基礎的知識や語学力、読解力を確認するため、マークシート式の筆記試験(40分)を行います。
  4. 適性診断Ⅱ(受講式検査):思考力・判断力・表現力を確認するため、テクノロジー分野や感性に関連した動画形式の講義を実施後、記述式試験を行います。(全体で50分)

※新型コロナウイルス感染症の影響に伴い、試験内容や方法、日程等が変更になる場合があります。その場合は本学WEBサイトで発表します。

第2希望の学科について

本学では第1希望学科と同時に、第2希望学科の選考を受けることが可能です。また第1希望学科への出願選考料納入で第2希望学科も受験できます。受験希望者は、入学願書に「第2希望」の学科を記入ください。

再受験について

すべての入試区分で再受験が可能です。ただし、再受験の場合でも1回目の受験と同様に「出願手続き」が必要となります。再受験を希望する場合は、アドミッションセンターに問合せください。

資料請求[無料] 説明会・イベント
問合せ・アクセス TOP