MENU

オピニオンリーダーからのメッセージ

私たちも東京国際工科専門職大学に期待します。


株式会社サイバーエージェント

代表取締役社長

藤田 晋

世界を切り拓くチカラを

インターネットビジネスにおいて、その正否を分けるもの、他社に対する脅威になるもの、それは人材です。インターネット企業における一番大切な資産とも言えます。そして、事業に関わる人の技術力、デザイン力、企画力、運用力、マネジメント力、さらには情熱やチームワークや粘りなど、バランスシートや損益計算書からは直接見えないものがそのまま競争力になるのです。急激に変化するインターネットのような新しい分野では、失敗も成功もいち早く経験することが強みにつながります。東京国際工科専門職大学での実践的な学びを身につけて、意欲に満ち溢れた若きリーダーが様々な場所で活躍することを応援します。

It can be said that the most important asset of an internet company is human resources, which affect its success or failure, and can be threats to other companies in the internet business. And things that are not directly visible from the balance sheet or the income statement, such as the ability of technical, design, planning, operational and management, and also passion, teamwork, and stickiness of people involved in the project will become competitive. In new fields like the rapidly changing internet business, experiencing failure and success at the early stages will become the strengths in the end. By acquiring practical learning at the “International Professional University of Technology in Tokyo”, I will support motivated young leaders to success in various places.

Profile

藤田 晋Susumu Fujita

1998年、24歳でサイバーエージェントを設立し、2000年に当時史上最年少社長として26歳で東証マザーズ上場、2014年9月に東証一部へ市場変更した。創業から一貫して、インターネット産業において高い成長を遂げる会社づくりを目指し、「21世紀を代表する会社を創る」を会社のビジョンに掲げる。

項目TOPへ戻る

チームラボ

代表

猪子 寿之

多様な専門性の高い人々が学際的*に、共につくりながら考えていく

デジタル時代は多様な専門性の高い人々が、学際的に、共に実際につくりながら考えていくことが重要です。それぞれの専門性が上がっても、専門性ごとに切り分けて創ることは不可能で、境界を越えて創っていく必要があるからです。仲間と目的とプロセスを共有していくことほど生きがいを感じることはありません。仲間であり続けるためには、自分の専門力を磨かなければならない厳しさもある。
人間の能力に大差はありません。仲間とやり取りすることで無限の可能性が生まれますから、そのために専門性と発想力を培う環境は重要です。東京国際工科専門職大学がそのような場になることを期待します。

*学際的:研究などが複数の学問分野に関わること

In this digital era, it is important for highly professional people from various fields to think interdisciplinarily while actually creating something together. Even if each person has a high level of expertise, we cannot create individually. Instead, we need to cross the professional boundaries and create collaboratively. Sharing purposes and processes with other team members is the best feeling. On the other hand, you would have to keep polishing your own professionality if you want stay in the team.
There is not much difference between the ability of each person. Exchanging opinions and co-creating with your team members is what generates an infinite possibility. This means that the environment that cultivates expertise and the creative power becomes important. And I hope that International Professional University of Technology in Tokyo will be the place for that.

Profile

チームラボ 代表 猪子寿之Toshiyuki Inoko

1977年生まれ。2001年東京大学計数工学科卒業時にチームラボ設立。チームラボは、アートコレクティブであり、集団的創造によって、アート、サイエンス、テクノロジー、デザイン、そして自然界の交差点を模索している、学際的なウルトラテクノロジスト集団。アーティスト、プログラマ、エンジニア、CGアニメーター、数学者、建築家など、様々な分野のスペシャリストから構成されている。

項目TOPへ戻る

SQUARE ENIX, INC.(米州)/SQUARE ENIX,LTD.(欧州)

取締役 兼CEO

Philip Rogers

新しいスキル、情熱と決意を持った人を求めています

人材は財産です。なぜなら、新しいゲームのコンセプトづくりから、マーケティングキャンペーンの実施に至るまで、わが社の成功は社員ひとり1人の力なしにはあり得ないからです。ゲーム市場は、デジタル技術が持つ可能性を最大限活かし、日々劇的に変化しています。その中で私たちが必要としているのは、変化を受け入れ、常に新しいことやより良い手法に挑戦し、世界中のゲーム愛好家とより深い関係を構築することに情熱を持つ人材です。私たちと一緒に次世代エンターテインメントを動かすことができる新しいスキルと決意を持った人材を求めています。

We are a people business ‒ from creating concepts for a new game experiences to building a world class marketing campaign ‒ we are only successful as a company if our people are successful. And,whilst we operate across many locations and cultures we constantly seek people with a passion to succeed and an open mind. The gaming market is changing so dramatically, powered by what the full potential of digital can mean. To put ourselves in the best position our people have to embrace change and constantly challenge what they do, how it can be done better and how to build deeper relationships with gamers right across the globe. I really believe Square Enix has the potential to power the next chapter of digital entertainment around the world and itʼs very exciting to find people to join us on this journey, people with new skills, energy and determination.

項目TOPへ戻る
資料請求[無料] 説明会・イベント
問合せ・アクセス TOP