各界トップから東京国際工科専門職大学へのメッセージ

今までにない学びに大きな期待が集まっている。


株式会社エヌ・ティ・ティ・データ

代表取締役社長

本間 洋

実践力を養い、グローバルで「信頼」を築ける人財に。

人々の暮らしが変容し様々な社会課題が浮き彫りになる中で、IT・デジタル技術への期待が高まっています。このような環境の中で、あらゆる人々にとって、より良い社会の仕組みを描き、実現していくためには、先進技術を活用する実践力とグローバルな視点、そして強い意志と情熱が求められます。 専門職大学という学びの場で、知識と理論だけでない実践的教育を体得すると共に、自らの意志と情熱を育み、ハイスキルなデジタル人財としてグローバルで「信頼」を築きイノベーションを起こしていくことを期待しています。

Profile

本間 洋Yo Honma

1956年山形県生まれ。1980年東北大学経済学部卒業、同年旧日本電信電話公社に入社。金融分野での企画・開発・スタッフを経て、2001年にカードビジネス事業部長、2007年より広報部長、秘書室長を歴任。2010年流通・サービス事業本部長、2015年法人・ソリューション分野担当役員、2016年代表取締役副社長執行役員を歴任。強み・価値にこだわった経営を推進し、法人・ソリューション分野のビジネス拡大に大きく貢献。2018年6月より現職。

項目TOPへ戻る

Director and CEO SQUARE ENIX LTD.(欧州子会社)/
President and CEO SQUARE ENIX INC.(米州子会社)

Philip Rogers

新しいスキル、情熱と決意を持った人を求めています。

人材は財産です。なぜなら、新しいゲームのコンセプトづくりから、マーケティングキャンペーンの実施に至るまで、わが社の成功は社員1人ひとりの力なしにはあり得ないからです。ゲーム市場は、デジタル技術が持つ可能性を最大限活かし、日々劇的に変化しています。その中で私たちが必要としているのは、変化を受け入れ、常に新しいことやより良い手法に挑戦し、世界中のゲーム愛好家とより深い関係を構築することに情熱を持つ人材です。私たちと一緒に次世代エンターテインメントを動かすことができる新しいスキルと決意を持った人材を求めています。

項目TOPへ戻る

株式会社日立製作所

取締役 代表執行役
執行役会長兼執行役社長兼CEO

東原 敏昭

IoT時代のイノベーション創出に貢献しよう。

デジタル革命、Society5.0など世界が劇的な変革期に入る中、最先端のIoT技術はさまざまな社会課題の解決に大きく貢献します。東京国際工科専門職大学で学ぶ技術を生かす舞台はグローバルに広がっています。本格的にIoT時代を迎えている今、次の時代を担う皆さんが世界各地で新たなイノベーションを創出することを期待しています。

Profile

東原 敏昭Toshiaki Higashihara

1977年 3月 徳島大学工学部卒業
1990年 9月 ボストン大学大学院
(コンピュータサイエンス学科)修了
1977年 4月 株式会社日立製作所 入社
2008年 4月 日立パワーヨーロッパ社プレジデント
2013年 4月 執行役専務/医療事業担当、インフラシステムグループ長兼インフラシステム社社長
2016年 4月 取締役 代表執行役執行役社長兼CEO
2021年 6月 取締役 代表執行役執行役会長兼CEO

項目TOPへ戻る

株式会社バンダイナムコスタジオ

CTO

Julien Merceron

この素晴らしい大学が提供するすべてを利用してほしい。

AI、IoT、ロボット、ゲーム、CGなどの分野は、いずれも需要が高い分野であり、急成長のチャンスがあります。そのために、毎日・毎月・毎年、自分が幸せになれること、なりたい自分と共鳴できることを選ぶようにしましょう。これが、世界最高の人材になるためのモチベーションを見つける鍵となります。もし、あなたが好奇心旺盛で、自分自身、そして周りの人と学びを分かち合い、高め合うことに情熱を持っていて、トップに立ちたいと思っているなら、一生懸命勉強し、この素晴らしい大学が提供するすべてを利用して、なりたい自分になってください。

Profile

Julien Merceronジュリアン マーセロン

1994年Ubisoftにてゲームプログラマーとしてのキャリアをスタートし、WWテクニカルディレクターを務める。その後、EidosにてWW CTO、SQUARE ENIX・KONAMIにてWWテクニカルディレクターを務め、2016年より現職。

項目TOPへ戻る

株式会社サイバーエージェント

代表執行役員 社長

藤田 晋

世界を切り拓くチカラを。

インターネットビジネスにおいて、その正否を分けるもの、他社に対する脅威になるもの、それは人材です。インターネット企業における一番大切な資産とも言えます。さらには、事業に関わる人の技術力やクリエイティビティ、チームワークや執念など、バランスシートや損益計算書からは直接見えないものがそのまま競争力になるのです。急激に変化するインターネットのような新しい分野では、失敗も成功もいち早く経験することが強みにつながります。東京国際工科専門職大学での実践的な学びを身につけて、意欲に満ち溢れた若きリーダーが様々な場所で活躍することを応援しています。

Profile

藤田 晋Susumu Fujita

1998年、24歳でサイバーエージェントを設立し、2000年に当時史上最年少社長として26歳で東証マザーズ上場、2014年9月に東証一部へ市場変更した。創業から一貫して、インターネット産業において高い成長を遂げる会社づくりを目指し、「21世紀を代表する会社を創る」を会社のビジョンに掲げる。

項目TOPへ戻る

株式会社セガ

代表取締役社長COO

杉野 行雄

世界中に感動を発信するクリエイターに。

通信分野をはじめ、技術の発達により世界中のいたるところで進むフラット化により、ゲーム業界にはプラットフォーム、国を問わずより多くの方々に作品を届けることができる環境がもたらされています。多種多様なプレイヤーに期待を超える価値を提供し、感動を体験いただくために、私たちは求められるものに対し真摯に向き合い、自分たちが面白いと思うものをとことん追求していく人材を求めています。東京国際工科専門職大学で理論と実践を学ぶみなさんが誰も経験したことのない感動を世界へ発信するクリエイターへと飛躍されることを心より期待しています。

項目TOPへ戻る

チームラボ

代表

猪子 寿之

多様な専門性の高い人々が学際的に、共につくりながら考えていく。

デジタル時代は多様な専門性の高い人々が、学際的※に、共に実際につくりながら考えていくことが重要です。それぞれの専門性が上がっても、専門性ごとに切り分けて創ることは不可能で、境界を越えて創っていく必要があるからです。仲間と目的とプロセスを共有していくことほど生きがいを感じることはありません。仲間であり続けるためには、自分の専門力を磨かなければならない厳しさもある。人間の能力に大差はありません。仲間とやり取りすることで無限の可能性が生まれますから、そのために専門性と発想力を培う環境は重要です。東京国際工科専門職大学がそのような場になることを期待します。

※学際的:研究などが複数の学問分野に関わること

Profile

猪子 寿之Toshiyuki Inoko

チームラボ代表。1977年生まれ、徳島市出身。
2001年東京大学工学部計数工学科卒業と同時にチームラボ創業。大学では確率・統計モデルを、大学院では自然言語処理とアートを研究。チームラボは、アートコレクティブ。2001年から活動を開始。集団的創造によって、アート、サイエンス、テクノロジー、そして自然界の交差点を模索している国際的な学際的集団。アーティスト、プログラマ、エンジニア、CGアニメーター、数学者、建築家など、様々な分野のスペシャリストから構成されている。

項目TOPへ戻る
資料請求[無料] 説明会・イベント WEB出願 TOP