大臣や世界の産業界から期待のメッセージも寄せられ、2021年度 第2期生の入学式を開催

2021.04.10
タグを見る

日本初「AI・IoT・ロボット」「ゲーム・CG」の国が認めた“実践的な新大学”として2年目を迎える「東京国際工科専門職大学」の2021年度入学式が、4月4日(日)に挙行されました。

新型コロナウイルス感染防止対策のため、会場参加は新入生本人と教員に限定する形となりましたが、平井卓也デジタル改革担当大臣をはじめ、株式会社バンダイナムコスタジオなどのグローバルトップ企業からの祝辞動画も寄せられ、これからのテクノロジー社会での活躍が期待される「新しい専門職人材」になるため、学生たちにとって記念のスタートとなりました。



■学長 吉川弘之(学長訓辞より)

新入生の皆さんを我々の新しい「仲間」として歓迎します。東京国際工科専門職大学は、学生と教員がそれぞれの夢を語り合いながら、教育、勉学、研究を一緒に行う一つの共同体です。本大学では、専門としての情報分野の学問を深く学ぶと同時に、新しい制度の大学として「実践の学び」を重視し、多くの学問分野や知識が同時に使われる実践の場で、人々と協力しながら関連分野を広く横断的に修得します。そして、学んで得た専門知識を社会でどう使うのかを考えるのです。本大学での学びによって、皆さんはより善い社会を求める専門職として仕事をする“Designer in Society(社会とともにあるデザイナー)”になります。情報化社会と呼ばれる変化の多い現代社会で、社会の構造化原理としての法律、経済、政治などに情報技術が広く浸透しつつあります。しかし私達専門職が夢見る「情報技術で人間関係が豊かになる社会」を考えるとき、信頼、友情、協力、公平、思いやり、知識の共有、やり甲斐のある仕事などが重要になりますが、これらは先の法律、経済、政治などの原理とは違う「人間性」によって生み出されるものです。したがって社会の構造化原理には、もう一つの新しい原理「人間性」が必要となるのです。明るい人間性あふれる未来に向けて、社会とともにあるデザイナーとして活躍する専門職を目指し、仲間の一員として充実した大学生活を過ごすことを期待します。

→ 学長メッセージはこちら

■デジタル改革担当大臣 平井卓也 氏(来賓祝辞より)

新しい時代のニーズに応えて、新しいタイプの大学としてスタートした専門職大学ですので、東京国際工科専門職大学へ入学するみなさんへの期待は非常に大きくなっています。デジタルテクノロジーを使って、もっと多くの国民を幸せにしたり、安全な生活を送ってもらったりするために、やらなければならないことは沢山あります。そのためには、デジタル庁だけでなく、大きな変化の時代に活躍できる人材が大切であり、その先頭に立っていただくのが、まさにみなさんなのです。IoT、AI、ロボット、いろいろなデジタルコンテンツは、これからの時代に必要です。時代の変わり目でチャンスが広がるだけに、大いなる「希望」と「好奇心」と「覚悟」をもって勉強してください。みなさんのご活躍を心からお祈り申し上げ、私から“エール”のお祝いの言葉とさせていただきます。

■株式会社バンダイナムコスタジオ CTO Julien Merceron 氏(来賓祝辞より)

新しい世界は、今日からこの大学で始まります。あなたが選んだAI、IoT、ロボット、ゲーム、CGなどの分野は、いずれも需要が高い分野です。専門家になる努力をすれば、急成長のチャンスがあります。そのためには、自分の情熱が何よりも大切です。毎日、毎月、毎年、自分が幸せになれること、なりたい自分と共鳴できることを選ぶようにしましょう。これが、世界最高の人材になるためのモチベーションを見つける鍵となります。もし、あなたが好奇心旺盛で、自分自身を学び高めることに情熱を持っていて、他の人と分かち合い、高めることに情熱を持っている、トップに立ちたいと思っているなら、一生懸命勉強し、この素晴らしい東京国際工科専門職大学が提供するすべてを利用して、なりたい自分になってください。

■元 トヨタ自動車株式会社 取締役副社長/元 米国トヨタ自動車販売株式会社 取締役社長
/学校法人日本教育財団理事 稲葉良睍
(祝辞より)

理論と実践を両立しプロフェッショナルな職業人材を育成する専門職大学は、産業界の期待によって生まれたと言っても過言ではありません。現代社会ではテクノロジーの進歩により、これまでの固定概念にとらわれない柔軟な創造力が求められています。これは自動車業界に限ったことではなく、産業界のどの分野においてもいえることです。東京国際工科専門職大学に入学する皆さんには、社会課題の解決のために必要な知識やスキルを身につけた専門職人材として、これからの日本産業を牽引いただきたいですし、今ある産業にこだわらず、柔軟な発想で社会をより良くするために新しいモノやサービスを生み出していかれることを期待しています。

■副学長・工科学部長 冨山哲男(式辞より)
専門職という言葉には、「specialist」「professional」「expert」という大きく3つの意味があります。
究極の目標として本学が考える専門職とは、社会が求めるイノベーションを実現することで、さまざまの社会課題を解決することができるexpertのことです。本日、皆さんは専門職の第一歩であるspecialistとしての学修を開始いたします。これからの4年間で、専門職に必要な知識・技能・スキルを身につけ、また友人や教員との交友・交流を拡げ、人格の全ての面で成長を遂げることを心より望みます。

本大学は社会からの要請に応じ、今までにない「理想の大学教育」を実現するために昨年誕生しました。世界のICT・デジタルコンテンツ業界と連携し、充実の指導陣が教える“新大学”カリキュラムのもと、これから飛躍的に発展・成長する「AI・IoT・ロボット」「ゲーム・CG」分野でグローバルに活躍できる専門職人材を育成します。


関連ページ

資料請求[無料] 説明会・イベント
問合せ・アクセス TOP