東京都が推進する5G活用プロジェクトの一環で、学生たちが“ロボット弁当”の実証実験に参加

2022.01.27
タグを見る

東京都が実施中の「西新宿エリアにおける5Gを含む先端技術を活用したスマートシティサービス実証事業」において、移動ロボットを使ったサービス「Furiuri(フリウリ)」の実証実験のプロジェクトに本学の学生たちが参加しました。

「Furiuri」は、デジタルの力で東京のポテンシャルを引き出す「スマート東京」の一環として、アビダルマ株式会社、NH研究所、東京電力パワーグリッド株式会社が推進。その新しい取り組みとして、移動ロボットを使って本学校舎・コクーンタワー前でお弁当を販売する実証実験を実施し、その“ロボット弁当”の様子は記事にも取り上げられました。
⇒詳しくはコチラ

“ロボット弁当”の販売予定日

★情報は下記より

「Furiuri」の公式Webサイトまたは公式Twitter

「Furiuri」はヒトを追従して走行するパレットを活用した移動体サービスの実証事業です。自動走行台車を用いた各種サービスを街の中に提供する計画であり、最終的には5G通信を活用した全自動走行・運用を目指しています。

アイデアコンテストも実施され、本学学生たちの未来社会を見据えたアイデアによって、新しい活用サービスの展開も広まっていきそうです。

資料請求[無料] 説明会・イベント WEB出願 TOP