International Professional University
of Technology in Nagoya

教員紹介

Faculty member

Faculty member


メッセージ

デジタルエンタテインメントは益々進化して、想像以上の進化を遂げることでしょう。その世界を変えていくのは皆さんです。働き方やコミュニケーションのツールは変わっていくでしょうが、今求められているのは、コミュニケーション力があり社会に貢献できる技術とアイデアを持った人材です。皆さんの可能性は無限大です。いっしょに未来のデジタルエンタテインメントを作り上げていきましょう。


専門分野

  • メディアデザイン
  • CGアニメーション
  • 芸術科学

担当科目

  • 「コンピュータグラフィックスⅠ」(1年前期)
  • 「CGデザイン基礎」(1年前期)
  • 「デジタル映像表現技法基礎」(1年後期)
  • 「CGアニメーション総合実習」(2年前期)
  • 「デジタル映像表現技法応用」(2年前期)
  • 「臨地実務実習Ⅰ」(2年通期)
  • 「卒業研究制作」(4年通期)

プロフィール

愛知県立芸術大学 大学院美術研究科 デザイン領域メディアデザイン 修了。修士(美術)。広告・パッケージなどのグラフィックデザイナーを経て、アメリカおよび国内の大手ゲーム会社などで、3DCGキャラクターアニメーションやデジタル映像制作に従事した後、現職。また、伝統工芸の保護やプロデュースを行う自治体等のプロジェクトにも参画するなど、幅広く活躍中。主な研究分野として、日本の伝統文化を海外の視点からReデザインしプロモーションを行うメディアデザイン研究、芸術科学での芸術鑑賞者の焦点計測法についての考察などがある。SIGGRAPH Animation Festival入選、SIGGRAPH S.P.A.C.E 入賞、芸術科学学会会員。


所属学会・協会・団体等

  • 芸術科学学会 IIAI

代表的な論文・著作名・作品名

  • 「Product Design Model by ArchiMate」
  • 「ビジョンボードイラストによる安堵感の復元実験法」
  • 「芸術鑑賞者の焦点計測法と実験環境についての考察」
  • 「海外マーケットにアピールするメディアデザイン:-三重の伝統工芸販売戦略を事例として」