大学の魅力


55年ぶりの新⼤学制度専⾨職⼤学とは

特定の職業のプロフェッショナルになるために必要な知識・理論、そして実践的なスキルの両⽅を⾝につけることができる⼤学です。

●原則40⼈以下の「少⼈数教育」
●教員の4割以上は「実務家教員」
●600時間以上の「企業内実習」

名古屋国際⼯科専⾨職⼤学
学びの概念

これまでの⼤学では、ある特定の分野の学問を深く学び、その分野のみに特化した「専⾨家」を育成する教育体系でした。名古屋国際⼯科専⾨職⼤学は、学問の課題ではなく、社会の課題に応えるために専⾨的な学問と技術を含めた新しい学術として⾃分の分野以外も横断的に学び、社会が求めるイノベーションを⽣み出す「専⾨職」を育成する教育体系です。

企業や社会における実際の課題についての
解決に取り組む
PBL中心の授業を実現
(Project Based Learning・課題解決型学習)

名古屋国際⼯科専⾨職⼤学
教育の強み

「企業 × ⼤学」の学び。
だから、【専⾨的な知識・スキル】に加え、【ビジネスセンス】も⾝につきます。

600時間以上の
⻑期の実践的企業内実習

本学では⼀般的な⼤学で⾏われている短期の就業体験・インターンシップではなく、学⽣の⽬的を明確化させた上で⾏う「臨地実務実習Ⅰ〜Ⅲ」を必修科⽬として全員⾏います。
全部で期間は16週間以上、実働時間は600時間以上、ビジネスの最前線に⾝を置き、プロトタイプの制作までを実践します。

教員の4割以上は、
業界経験豊富な”専任”の実務家教員

専⾨職⼤学では制度上、教員の4割以上は企業等で実務を経験した「実務家教員」です。特に本学では、名だたる企業で活躍した経験を持つエキスパートがそろっています。しかも、1回限りの授業を⾏う特別講師としてではなく、“専任”としての責任ある指導のため、⽇々の学びの中で、世界や業界の最前線の知識・技能を修得できます。

<実務家教員 出⾝企業例>
トヨタ自動車、デンソー、NTT、NEC、コナミデジタルエンタテインメント、ROBOT、コトブキソリューション …他

⽶国スクウェア・エニックス、エイチーム

チームラボ等との教育提携

協力企業(一例)

AI・IoT・ロボットからゲーム・CGまで、グローバルなトップ企業と連携。
職業知識・スキルを学ぶだけではなく、企業とより深く連携し、新しいモノやサービスを⽣み出す過程を、業界経験豊富な指導陣と⼀緒に実践・研究できます。さらに企業での実践的な実習を通じ、学びを深化させることで、卒業時には企業のニーズに即応した実践⼒が⾝につきます。

AI、VR、
モーションキャプチャーを
はじめ実務レベルの環境

名古屋駅前に⽴地するキャンパスには、AI(⼈⼯知能)のハイスペックシステムや VR、3Dプリンター、モーションキャプチャー、ワークステーション、産業⽤ロボットなど、最先端のソフト・ハードを完備。プロと同じ制作・開発環境で、数多くのプロジェクトを主体的に制作・開発することができます。
モーションキャプチャールーム
3Dプリンター
ロボットラボ

業界や世界の最前線を
リアルに学ぶ「特別講義」

社会や実務とつながる教育カリキュラムを実現した本学では、各界のスペシャリストやパイオニアによる特別講義を実施。日々進化するテクノロジーや最先端の技術開発の動向、新たなイノベーション、ビジネスの現場、現代が抱える課題など、他にはない多様性のある学びを得られます。

特別講師(一例)
  • [講義テーマ]逆境を乗り切る経営理念と戦略(仮)
    中部国際空港株式会社(セントレア)
    代表取締役社長 犬塚 力
  • [講義テーマ]社長の思い
    - トヨタグループのグローバル企業経営の真髄
    トヨタ紡織株式会社
    取締役副会長 宮﨑 直樹
  • [講義テーマ]
    AIコミュニケーションロボットの可能性と
    台湾・日本における次世代の事業展開
    NUWA Robotics Corp.
    Co-Founder & CEO Leo Guo
  • [講義テーマ]エンタテインメントが社会を変える
    - ゲーミフィケーション・DX の最新事例
    株式会社セガ エックスディー
    取締役 執行役員COO 伊藤 真人
  • [講義テーマ]VR/AR の最前線と将来の新たな可能性
    株式会社スピード
    代表取締役 岩木 勇一郎
  • [講義テーマ] e-sportsを通じて社会課題を解決する新たな事業の創出
    BLUE BEES株式会社
    代表取締役 鈴木 良昭


テクノロジーの発展により、ボーダーレスになった社会。
国際性を備えたデジタル⼈材は、活躍の機会やフィールドが広がります。

「実践的な英語⼒」が⾝につく

少⼈数クラスの丁寧な指導によって1年次からTOEICを受験し、着実にレベルアップしていくカリキュラム。学びの集⼤成ともいえる4年次の科⽬「卒業研究制作」では英語でのプレゼンテーションが必須となっており、4年間の英語学習は、実務で活かせる「実践的な英語⼒」を重視しています。

世界の科学者トップ2%の
副学⻑はじめ、⽇本を代表する
学者・教授たち

学長は、国立大学法人名古屋工業大学の初代学長で、研究者としても世界の科学者上位2%に選出された松井学長。また、経済産業省の研究委員としてDX(デジタルトランスフォーメーション)推進のキーマンである山本教授など、各専門分野で高い実績をあげる日本を代表する教授陣が、授業を行うのみならず担任にもつきます。1年次から世界基準の英知に身近にふれられる環境です。
※⽶国スタンフォード⼤学の研究チームが、世界中の科学者約800万⼈を対象にした調査。

世界のテクノロジーにふれる
海外研修と海外実習

希望者には、企業で若手エンジニア向けに行われる海外研修を夏期に実施します。アメリカ西海岸・シリコンバレーに拠点を置くIT企業やメーカーなどのDX推進企業での見学や講義、また、宇宙関連産業や現地日系企業でインターナショナルにビジネスを進める方々から学生時代に必要なことを学ぶ体験研修など、将来の進路や視野を大きく拡げるグローバル体験を得ることができます。

主な海外拠点 世界中に点在する最先端の現場で、様々な国や地域の人たちと学べる機会。


本学は、海外オフィスを6つの拠点に設置。
各オフィスでは海外実習や留学時のサポートから、海外企業や教育機関との連携、また海外から入学する際の入学相談まで、グローバルな学びを支援しています。

主な海外拠点 世界中に点在する最先端の現場で、様々な国や地域の人たちと学べる機会。


本学は、海外オフィスを6つの拠点に設置。
各オフィスでは海外実習や留学時のサポートから、海外企業や教育機関との連携、また海外から入学する際の入学相談まで、グローバルな学びを支援しています。

渡航費・学費の1年分を⽀援する校費留学制度

海外の⼀流⼤学・⼤学院や専⾨学校への卒業後の校費留学制度を設けています。留学に必要な⼊学⼿続きや費⽤(渡航費・⼊学⾦・学費1年分)は本学が負担します。


ひとり1⼈に合わせた丁寧な指導を実現。
業界と連携した、就職にも起業にも徹底的に強い⼤学として、
学⽣の将来の⽬標、夢の実現をサポートします。

教育・学修・進路をサポートする「完全担任制度」

専⾨職⼤学制度の特⻑の1つとして原則40⼈以下の少⼈数授業がありますが、本学ではさらに⼊学時から、学⽣約10⼈を1グループとして授業科⽬とは別に担当教員がつく「完全担任制度」を採⽤。⽇々の学修から進路まで、きめ細かな指導やアドバイスを受けられます。

就職に責任を持つ「キャリア・サポートセンター」

全学⽣対象に、就職・キャリア⽀援を専⾨に⾏う「キャリア・サポートセンター」を設置。担当者が担任の教員と連携し、就職マナー、ビジネススキル、希望する業界に合せた就活対策などを指導します。対⾯でもオンラインでも随時相談できるので、夢の実現・⽬標達成に向け着々とステップアップしていくことができます。

起業・経営もサポート

卒業後、⾃分のビジョンをビジネス化したい、会社を⽴ち上げたいという学⽣の「起業意欲」に応えるため、「税」や「会計」の知識など、専⾨家を交えて起業に向けた実践的なアドバイスを⾏う「アントレプレナー(起業家)制度」があります。また、カリキュラムにも、企業の経営ポジションに就くことや起業を⾒据えて、「企業経営論」、「グローバル市場化戦略」、「ベンチャー起業経営」などを両学科ともに設けています。

職業直結の実践教育を⾏う⾃信の証明『完全就職保証制度』

企業と連携した実践教育を⾏う本学では、全学で就職⽀援システムを導⼊しています。卒業時に万⼀就職できない場合、卒業後、就職が決定するまでの必要な学費は2年間本学が負担する『完全就職保証制度』を設置(卒業時40歳未満対象)。
さらに、卒業⽣が転職や再就職したいときにバックアップする『⽣涯バックアップシステム』もあります。

提携企業などによる独⾃の奨学⾦や、学⽣寮・住まいもサポート

経済的に学費と1⼈暮らしをサポートする制度を整えています。
各種奨学⾦や提携教育ローン、アルバイト・働きながら学べる制度から、提携不動産特典もある学⽣寮やマンションなどを整えています。

<提携企業例> (株)アイエンター、(株)エイチーム、(株)エヌ・メルクス、(株)シスコ、日本システム開発(株)、(株)名鉄情報システム…他
※詳細は『学費・住まいのサポートBOOK』を確認ください。

『国家資格 合格保証制度』をはじめ、IT関連資格取得をバックアップ

デジタル⼈材を育成する本学では、IT関連を中⼼とした資格の取得をバックアップします。また、国家資格である「基本情報技術者」を取得できる別科(1年制)を設置。2年間在籍して国家試験に合格できなかった場合、卒業後、資格取得に向けた勉学を継続するた めに必要な学費は2年間本学が負担します。
目標とする資格
国家資格
  • 基本情報技術者試験
  • 応用情報技術者試験
  • エンベデッドシステムスペシャリスト試験
  • 情報セキュリティマネジメント試験
  • ネットワークスペシャリスト試験
  • データベーススペシャリスト試験
  • 情報処理安全確保支援士試験
民間資格
  • TOEIC Speaking & Writing
  • 情報検定(J検)情報システム試験
    基本スキル/プログラミングスキル/システムデザインスキル
  • 情報検定(J検)情報活用試験2級/1級
  • CGクリエイター検定 エキスパート/ベーシック
  • CGエンジニア検定 エキスパート/ベーシック
  • 画像処理エンジニア検定 エキスパート/ベーシック
国家資格別科(1年制)
名古屋国際工科専門職大学では、確かなIT能力の証である「基本情報技術者試験」の取得を目指すための特別な別科を設置しています。
  • 『国家資格 合格保証制度』、『基本情報技術者試験午前試験免除制度』が適用

資料請求[無料] 説明会・イベント WEB出願 TOP