【愛知県主催】DXのアイデアコンテストで、山本教授が審査委員長を務めます。

2021.10.05
タグを見る

企業等におけるDX(デジタルトランスフォーメーション)を推進する愛知県が、デジタル技術を活用した新規事業や業務効率化のアイデアを募集するコンテスト「あいちDXチャレンジ」を開催します。
■詳細はこちら⇒愛知県HP

本コンテストの審査委員長を、日本のDX推進の第一人者でもある本学情報工学科・山本修一郎教授が務めます。 また、最優秀賞・優秀賞の特典として、山本教授はじめ本学の教職員や学生がアイデア実現に向けた支援活動も行います。

産業界や社会の課題を解決できる、これからの時代に求められるIT人材・デジタル人材を育成する本学。 その取り組みが、地域社会への貢献にも繋がっています。



情報工学科 教授
山本修一郎

名古屋大学大学院工学研究科情報工学専攻修了。博士(工学)。NTT研究所を経て株式会社NTTデータにて要求工学、情報通信技術の研究開発に従事。同社初代フェロー、システム科学研究所所長を経て、名古屋大学情報連携統括本部情報戦略室教授,大学院情報学研究科教授として教鞭を執る。経済産業省デジタルトランスフォーメーション加速に向けた研究会委員など、日本のDX推進の旗振り役の一人。注目の「DXレポート~ITシステム『2025年の崖』克服とDXの本格的な展開~」(経済産業省)を策定。近著『DXの基礎知識~具体的なデジタル変革事例と方法論』(近代科学社Digital)。


















資料請求[無料] 説明会・イベント WEB出願 TOP