International Professional University
of Technology in Nagoya

企業・団体の採用担当者様へ

本学は、実践的な職業教育に重点を置いた新しい大学教育として国から認可を受け、関西初の「情報系」専門職大学として開学しました。世界のICT(情報通信技術)・デジタルコンテンツ業界と連携し、テクノロジーを駆使して社会課題を解決するデジタル人材を育てるべく、教育を行っております。

就職や実習について、キャリアサポートセンターを中心にバックアップ体制を整えています。求人や実習に関するご質問やご相談がありましたら、下記本学キャリアサポートセンターまで問合せください。

産学連携実習(インターンシップ含む)へのご参画について

専門職大学では「実習」を重視したカリキュラムとすることが設置要件として課されており、本学では、4年間で40単位の「実習科目」の習得を卒業要件としております。実践的な企業内実習(インターンシップ)としての「臨地実務実習Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ」をはじめ、企業が抱える課題の解決・改善を図ることを目的とした複数のプロジェクト型の実習を行っており、IT・デジタルエンタテインメントの分野のみならず、医療・機械・鉄道・運送・アパレル・官公庁など、あらゆる産業界の企業・団体と連携しております。
実習連携に関する問合せ・ご相談は、下記キャリアサポートセンターまで問合せください。

問合せ先

名古屋国際工科専門職大学 キャリアサポートセンター
〒450-0002 名古屋市中村区名駅4-27-1
TEL: 052-561-2001 FAX: 052-582-0077
E-mail:career.nagoya@iput.ac.jp

GUIDE INDEX

GUIDE

1

企業内実習に取り組む学生たち

IPUT NAGOYAの学生ひとり1人が持つ、夢や情熱、熱意が垣間見られるコンテンツ『IPUT EYES』内で企業内実習の様子を発信しています。

学生インタビュー

名古屋国際工科専門職大学で学ぶ学生が語る
「CONNECT」な瞬間とは。

GUIDE

2

IPUT NAGOYAの社会とのつながり

名古屋国際工科専門職大学では、「実践力を培う学び」を確立するため、積極的に社会とのつながりを設けています。

社会との取り組み

独創的な調査・研究を行い、学術研究の発展に寄与することを推進しています。

お知らせ一覧

IPUT NAGOYAのお知らせ/ニュースを確認できます。

GUIDE

3

実践力を培う学びの場

これまでなかった学びを「理論」と「実践」で体系化することで、社会で活躍できる即戦力となる人材を育てています。

IPUT NAGOYA 3つの特徴

IPUT NAGOYAには大学で学び、社会で試す先進的な実践教育で、イノベーションリーダーを育成するための3つの特長があります。

600時間以上の企業内実習

本学では一般的な大学で行われている短期の就業体験・インターンシップではなく、学生の目的を明確化させた上で行う「臨地実務実習Ⅰ~Ⅲ」を必修科目として全員行います。

カリキュラムのポイント

「理論」と「実践」/「学問」と「実務」の双方をバランスよく学び、4年間を通じて専門知識とスキルが飛躍的に成長させるカリキュラムとなっています。

一覧へ戻る