【学生の声】「ゲームやCG業界の第一線で活躍する先生方に、少人数授業で丁寧に教えてもらえます」− デジタルエンタテインメント学科 1年

2021.08.27
タグを見る
大阪国際工科専門職大学を選んだ理由を教えてください。
今自分のやりたいこと、興味を持っていること、好きなことを学べる大学に行きたいと思っていました。いつか自作で3DCGのモデルをつくってみたいと考えていたので、本学のデジタルエンタテイメント学科では1年生のうちからモデリングの授業があり、また、モーションキャプチャーの機材などもあることから、自分の夢をかなえることができると思ったからです。


どの入試区分で入学しましたか?
総合型選抜(旧AO入試)を受験しました。面接などで自分の意欲や高校で学んできた物事を伝えることができる入試方式は、自分に向いているなと感じました。


本学には実務家としての経験を持つ教授が多いですが、どんな存在ですか?
任天堂やカプコン、ドワンゴなどのゲーム企業やCG業界の第一線で活躍する教授たちから、直接実践的なことを教えてもらうことができます。また、実際の現場でのエピソードを話してくださることもあり、気さくで、すごく面白い先生が多いです。

本学のどのような点に魅力を感じていますか?
基礎はもちろんのこと、実践的なことも早い段階から学ぶことができるところです。 また、少人数での授業のため、わからないことがあればすぐに教えてもらえるところも魅力的に感じるポイントの1つだと思います。


将来の夢や目標は?
卒業後は3Dモデラ―になりたいと考えています。趣味を趣味で終わらさず、仕事にできたら最高だなと思いこの大学に入ったので、メディア芸術に関する仕事をしたいと考えています。


受験生へのメッセージをお願いします。
もしかしたら、「将来やりたいことがない、夢と言われても想像できない、けどアニメやゲームなど好きなことはある」という方もいるのではないのでしょうか。実は私もその1人でした。この大学では自分が好きなことを心置きなく学び、挑戦し続けることができるので、好奇心や向上心がある人、好きなことをもっと深く知りたいという人にはすごく向いていると思います。

また、まだ大学での学びのイメージがわいていない人も中にはいるかもしれませんが、本学は最大でも40名での授業が基本なので、高校での授業と同じ感じだと思ってもらって大丈夫です。ですので気楽に考えて、時間があればぜひ一度オープンキャンパスに参加してみてください。


資料請求[無料] 説明会・イベント WEB出願 TOP