International Professional University
of Technology in Tokyo

学長・副学長紹介

Meet our president and vice president

Meet our president and vice president

学長紹介

吉川 弘之

東京国際工科
専門職大学

学長

吉川 弘之

HIROYUKI YOSHIKAWA

東京大学総長、産業技術総合研究所理事長、科学技術振興機構研究開発戦略センター長を経て、現在、東京大学名誉教授、日本学士院会員。その間、日本学術会議会長、日本学術振興会会長、国際科学会議(ICSU)会長、国際生産加工アカデミー(CIRP)会長などを務める。 工学博士。一般設計学、構成の一般理論を研究。それにもとづく設計教育、国際産学協同研究(IMS)を実施。主な著書に「本格研究」(東京大学出版会,2009),「科学者の新しい役割」(岩波書店,2002),「テクノグローブ」(工業調査会,1996),「テクノロジーと教育のゆくえ」(岩波書店,2001),「ロボットと人間」(日本放送出版協会,1985),「一般デザイン学」(岩波書店,2020)などがある。

今までにない
「理想の大学教育」の誕生。

私自身、長い間大学で教育に携わりながら、世の中が急速に進展するこの現代で、本当に社会から求められる「新しい人材」の育成が進まない大学教育に限界を感じていました。

ですが、本学にはそれを超越する学びがあります。

専門職の経験豊富な教員たちの手厚いサポートのもと、講義、演習、実習、インターンシップ、産業人や地域社会との交流などを通じて、新しい〈学問〉と人間的な〈実務〉を並行して効果的に学ぶことができるのです。

これこそ長年私がつくりたかった、困難な時代の中で意欲的に働く若者が生まれる「理想の大学教育」だと確信しています。

4年間の学びを通じて得た知識・技能を社会の課題解決に応用して「善き社会」づくりに貢献できる専門職人材、

“Designer in Society(社会とともにあるデザイナー)”

に育っていくことでしょう。

社会の期待に応える「夢の実現」のための能力を身につける大学。それが東京国際工科専門職大学です。

副学長紹介

冨山 哲男

東京国際工科
専門職大学
 
副学長 / 学部長

冨山 哲男

TETSUO TOMIYAMA

東京大学大学院 工学系研究科 精密機械工学専門課程博士課程 修了。工学博士。オランダ国立数学情報科学研究所(CWI)研究員、東京大学工学部助教授、東京大学人工物工学研究センター教授、オランダ・デルフト工科大学教授、イギリス・クランフィールド大学教授を経て現職。設計学、CAD、人工知能、機械設計、ライフサイクル工学、サービス工学などの研究に従事。国際生産工学アカデミー、アメリカ機械学会、 日本機械学会各フェロー。2012年英国・王立協会ウルフソン研究功績賞受賞。2020、2021年とアメリカ・スタンフォード大学研究チーム選出の世界トップ2%科学者ランキング入り。

副学長メッセージ

新たなイノベーションをデザインする人に。未来は皆さんの肩にかかっている。

本学は未来を実際につくる「実現者」を育む場所です。「実現者」とは、社会のあらゆる分野における課題を解決するために、己の持てる知識、技術、技能を尽くし、新たなイノベーションをデザインする人です。何をするかは皆さん次第ですが、大事なことは、物事の実現を通じて社会に貢献していくこと。本学は、そのような志をわかち合える人を次のステップに向けて後押しします。

副学長インタビュー